持ち込みでリフォームを行う時のメリットデメリット

確保犬の幼稚園 > 注目 > 持ち込みでリフォームを行う時のメリットデメリット

持ち込みでリフォームを行う時のメリットデメリット

2017年2月 8日(水曜日) テーマ:注目

リフォームを行うときに建材を持ち込む人もいます。

自分の手持ちに材料があるので、それを利用して工事をしてもらうのです。

ただこれは良し悪しがあります。

リフォーム職人.jpg

材料持ち込みでリフォームしてもらうメリットデメリット

メリットはもちろん材料費が安く済むことですね。

デメリットは、業者が設計で予定してた材料とは違うかもしれないことです。

 

最初から設計のときに使う材料を指定しているのであれば、持ち込みするものと違ってることもあります。

知り合いから安く仕入れるからと言っても、それが必ずしも良いとは限らないので注意が必要です。

参照: 元屋根外壁塗装職人のブログ

材料の持ち込みは何か有っても責任は取ってもらえない

こういった、材料持ち込みでリフォームしてもらうとしても、問題なのは「何かトラブルが有っても責任は取ってもらえない」と言う点です。

例えば外壁リフォーム等で自分で塗料を持ち込んだ場合、実際にその管理状況がどんな状況なのかなんて工事会社は責任取れません。

ハッキリ言ってしまえば、何かあっても知らないと言われても仕方が無いのです。

だからこそ、こういう外壁塗料の持ち込みは避けて、しっかりとした業者に仕事は依頼されて下さいね。

信頼をおけるリフォーム会社に仕事は依頼しよう

基本的に外壁塗料の持ち込みはNGです。

しっかりと信頼できるリフォーム会社に仕事は依頼されて下さい。

また、何を行うにしても自分で持ち込む以上は自分の責任です。

そういうリスクを避けたいので有れば、塗料などの工事材料はしっかり業者の手配するものを選ぶのが重要ですよ。



関連記事

持ち込みでリフォームを行う時のメリットデメリット

持ち込みでリフォームを行う時のメリットデメリット

2017年2月 8日(水曜日)

恵方巻について

恵方巻について

2017年2月 4日(土曜日)